二重まぶたにする方法|自力で解消する近道があります!整形するのはちょっと待って!

2018-11-14 00:29:07

【二重】整形いらず?自力で二重になる方法を紹介!

 

一重の女性もクールビューティーで素敵ですが、かわいらしいイメージになるのは二重まぶたの方ですよね。自分はかわいい系を目指す!という方はぱっちりな二重が理想になってきますよね。

 

アイプチや整形といろいろ方法はりますが、整形はプチ整形というものもありますが、金額のこともあるし失敗例もゼロではありません。後遺症が残るリスクもあります・・・ちょっと不安があるし、勇気がいりますよね。

 

また未成年の方は親権者の同意書が必要ですから、若いうちは家族に反対されるとできない・・・なんてことも。

 

そこで今回は自分だけで簡単にできる二重になる方法をご紹介!

 

整形を考えてる方も先にこの方法を試してからでも遅くないですよ!

むくみを無くして二重の近道!

一重なのは遺伝だけではなく、脂肪が付きすぎているということもあります。

むくみを解消することで、二重の近道になります。

 

・温かいタオル、冷たいタオルを交互にあてる

目の周りを温めたり、冷やしたりを交互に繰り返すことで血行が上がり、代謝が上がってむくみの改善につながります。

 

・ツボ押しやマッサージ

ツボは眉間の下を骨がへこんでいる部分を1分ほど押します。

強く押し過ぎは注意なので、痛気持ちいくらいにしましょう。血行が促進します。

 

マッサージはアイクリームを塗り、目頭から目じりにかけて優しくなぞります。

そのまま顔の輪郭のなぞり首筋までもっていきます。

これを10回ほど繰り返しましょう。

二重の「ライン」をつくる

脂肪やむくみが改善されたら、二重の「ライン」がつきやすくなると思います。

最初はすぐにつけても戻ってしまうと思いますが、何度も何度も続けることが大事です。

 

アメピンでなぞってみて二重のラインができやすい場所をまず探していきます。

 

人それぞれ二重が自然にできやすいところがあるはずなので、その場所をみつけましょう。

 

その場所がわかったら毎日なぞります。

 

毎日なぞることで二重のラインが定着してくるでしょう。

ラインが付いたら目を上目遣いでばっと開き、二重の状態を維持する訓練をしていきましょう。

 

これも毎日繰り返し行います。

 

上目遣いでならないと言う人は、目を奥に押し込むようなイメージで目を開く、というのがコツです。まぶたを上に引っ張ったりしてやるとなりやすいかもしれません。

 

アイプチですが、アイプチののりは刺激が強い物が多いので、肌が荒れないように使いすぎは注意です。

アイテープの方が肌に負担が少ないので、肌が弱い人はアイテープの方がいいかもしれません。

出典情報:matome.naver.jp


関連記事