チョコレート健康法|チョコレートで高血圧予防&ダイエット?その意外な効果とは…

2018-11-14 00:35:51

チョコレートは体にいい!意外な効果とは

 

子供から大人まで老若男女みんなが大好きなチョコレート。

 

おいしいけど太る、血糖値が上がると、マイナスな面しか知らない方は多いのではないでしょうか。

そんな心配をしている方は我慢する必要はありません!

チョコレートは食べ方を間違えなければ健康にとっても役立つ食べ物だったんです。

 

今回はそんなチョコレートの意外な効果と体にいい食べ方をご紹介!

ぜひ日常生活に取り入れてみてください。

意外にもすごかった!チョコレートのその効果は?

 

・高血圧を予防してくれる

チョコレートは血圧を上げてしまいそうなイメージですが実はその逆。

カカオポリフェノールが、血管を広げる効果があり、赤血球の流れを助けてくれるんです。

血液がさらさらに流れることによって血圧を下げてくれるんです。

 

・ダイエットになる!

チョコレートは太るイメージが強いですが、カカオの入っている割合が高い物を選べば、逆に体重を落としてくれるんです!

カカオは70%以上の物がおすすめです。結構苦みはありますが、ほんのり甘さもあるのでしっかりチョコレートを食べた満足感も得られてとっても食べやすいですよ!

1日に40gまでが目安です。あまり食べ過ぎないようにしましょう。

 

・リラックス効果がある
チョコレートにはカフェインが含まれています。
カフェインは興奮の抑え、不安感や緊張感も柔らげてくれる効果があります。
またチョコレートは栄養素もしっかり入っていて女性にはうれしい美容効果や、アンチエイジングの効果もあるんです!

これだけ気を付ければばっちり!チョコレートの食べ方

・ダークチョコレートを選ぶ

ミルクチョコレートやホワイトチョコレートを日常的に摂取するのは健康の面ではやめましょう。

ダークチョコレートだけが医学的効果が証明されているんだそうです。

カカオが70%以上のものを選びましょう。

 

・食べ過ぎない

食べ過ぎてはどんなに健康にいい食べ物でも毒になります。

チョコレートを食べ過ぎると鼻血が出るとよく聞きますよね。

あくまで健康にいい食べ方をするなら1日25g程度におさめましょう。

 

・少しづつ食べる

1日25gといっても、25gを一気に食べるのはおすすめしません。

吸収が早いため効果の持続がしにくいそうです。

時間置いて少しづつ食べれば効果がしっかり期待できそうです。

 

・食前やおやつの時間に食べるのが良い

食前に食べることでその後の食事で食べ過ぎを抑えられます。

またおやつの時間の15時は1日で体温が一番高い時間帯なので、脂肪がつきにくいといわれています。

出典情報:womenshealth-jp.com


関連記事