【健康ダイエット】1日たった1分だけ!ジョギングで骨が丈夫になる理由

2018-11-13 22:39:35

1日1分だけなら、走るのは日常生活の中で意識しなくてもしているかもしれません。

 

たとえば朝の通勤、通学の電車に寝坊してしまい間に合わせる為少し小走りでいったり、

30分なら続けるのは難しくても1分くらいなら無意識のうちにみなさん苦も無くやっていると思います。

 

実はそれ、すごく骨粗しょう症の予防になっているんです!

骨の健康にすごくいいんですよ!

今回はその詳細についてご紹介します。

激しい運動をしても骨の強さには影響しない?

骨の生まれ変わりを促進するのは強度が高くなおかつ短い動きがいいと研究で言われているんです。

 

運動を日常的にやることはもちろん健康にいいですが、骨に関していうのであれば1分程度の全力疾走で十分というわけですね。

 

若いほど速いランニングが効果的なのですが、年を重ねるにつれジョギング程度で同等の効果が得られるそうです。

 

年配の方は年を重ねるごとに骨も弱くなっていきます、なので無理をせず少しの負荷で様子をみて行ってみましょう。

走る以外にも効果的な方法は?

在宅ワークだったり、小さいお子さんがいるからあまり日常的に外にでる機会がない。

そういう方も多いですよね。そんな方に走る以外の方法をご紹介。

 

・立つ時間を増やす

なにか作業をする時など、あえて立って作業する時間を作るなど、

立っている時間を増やすことでウェイトトレーニングになります。

立ったり歩いたりする時間が多い人は骨が強い傾向にあります。

 

・筋トレを行う

筋肉を増やせば、自然と骨にかかる張力なども増えます。

そのため相乗効果で骨も強くなっていくんですね。

 

・ジャンプする

簡単なようで一番強力な刺激が与えられるようです。

これも1日数回でOK!ですができるだけめいいっぱいジャンプしましょう。

多くやり過ぎてもケガのもとなので、成人してる方で1日10回程度を週に数回で十分だそうです。

未成年の方ならもう少しやってもいいかもしれません。

自分のペースで無理なく続けましょう。

普段まったく運動をしていない方

本当に1分程度なら簡単に続けられると思いませんか?

今は健康でも、この積み重ねが何十年後かにきっと差が出てくるはずです。

年配になってから足腰が動かなくなっては遅いのです!

年をとっても自分で元気に歩いていけるように、まずは少しずつでも始めてみませんか?

運動は骨だけでなく、ほかにもいろいろなところで健康に影響しますから、

きっとやっていて損はないはずですよ。

 

出典情報:www.mylohas.net


関連記事